岩投げエリア

思いついたら投げつけます 遊戯王などの話をします Twitter:@3_sa_5

BOOSTER3

こんばんは。みさごです。

久方ぶりの過去パック振り返り記事です。

仕事や勉強で忙しくて、新しいカードやアニメが追えずにいるあなた!

懐かしのカードでも眺めて気を休めましょう\(=∀=)/

BOOSTER3

発売日:1999/7/17

(もうすぐこのブースターが出てから18年!!)

収録内容:全40種

モンスター35種、魔法1種、罠4種

f:id:mi_sa_go:20170705004827p:plain

 それでは、個人的に気になるカードをピックアップしていきます!

 髑髏の寺院

おどろおどろしいカードですね・・・。

しかし、このカードとは少し趣が違うものの、「骨の寺院」というのは実在しているんです…!

ローマのサンタマリア・デッラ・コンチェツォーネや、チェコのセドレツ納骨堂など…。怖い思いもありますが、一度観に行ってみたいです。

*セドレツ納骨堂についての参考サイト

(ほとんど骨の写真ばかりです。苦手な人は閲覧注意!)

www.kuriositas.com

 

ドリアード

 バーバラ・ウォーカー著「神話・伝承事典」日本語訳版p211-213によると「ギリシア神話では、ドリュアスはオークのニンフたちで、1人1人が自分の樹木霊を持って、神託を告げる巫女であった」との記述されています。「ドリュアス」は「ドリアード」の古代ギリシャ語読みです。

 同事典p584では「ニンフ」は「花嫁」あるいは「結婚適齢期」の若い言葉を指しており、「女神の古代神殿において、とくに性的儀式のとき、巫女として仕えた。」と書かれています。この性的なイメージから、「ニンフ」を由来として「ニンフォマニア」(慕男狂)という言葉が使われています。

 また、「中世時代、ニンフという語は、魔女や妖精fairyに対して用いられた。」と書かれているのですが、私たちが持つ「ニンフ」のイメージはここから来ているかもしれませんね。僕の持つニンフのイメージは、「ナルニア国物語」の影響によるところが大きいです。

 そんなこの《ドリアード》なんですが、遊戯王におけるバリエーションが豊富なんです!僕がこのカードを見てまず真っ先に思い出すのが《ハイ・プリーステス》なんですが、他にも《精霊術士 ドリアード》《ダーク・ドリアード》《プリーステス・オーム》と、似た姿をしたカードが5枚も存在します!原作やアニメ以外にもこうして主張してくるカードがあるというのが、遊戯王の面白いところですね(=v=)

 

ミューズの天使

昨今、「ミューズ」といえば「ラブライブ!」ですね。

今年の冬に寄った神田明神では、参拝後、御朱印を頂いてきました。

それはさておき、「ミューズ」とはギリシャ語で「ムーサ」、芸術を司る女神を指します。かの有名なヘシオドスの「神統記」は彼女たちの記述から始まります。

 

シーホース

ひときわ輝く存在感を放つこのカードを無視することはできないでしょう。

【ゆっくり実況】人は拾ったカードだけで決闘できるか?【遊戯王】 by Zirai(福袋) ゲーム/動画 - ニコニコ動画

Zirai(福袋)氏の投稿したこの動画において一躍名を馳せた《シーホース》ですが、このパックにはアンダーグラウンドにて一種カルト的人気を誇る《レオ・ウィザード》や、再録がなされず比較的高価で取引のされている《ラムーン》が収録されているなど、レベル5の層が厚いブースターになっています。

 

古代の遠眼鏡

なんと5枚ものカードを、デッキトップから覗くことができちゃうカード!

海外発テーマの「SPYRAL」デッキに入る!?

デュエルリンクスではこのカードを使ってデッキの情報収集をするという猛者がいるそうで、デュエルは盤上だけで行われているのではないということを思い知らされます。

奥が深いです。 

 

血の代償

そして!触れずにいられないのがこのカード!

古参プレイヤーの中には、このカードの効果について友人とモめた人もいるのでは…?

【代償ガジェット】が代表的なデッキだと思いますが、ライフコスト500で相手ターンにもモンスターを通常召喚出来る貴重なカードということで、使い道は様々です。

多くが通常召喚時に効果を発揮する「帝」や、召喚権を多く使う「デュアル」モンスターにはもってこいです。

遊戯王はライフアドバンテージがあまり重視されないので、「血」とは言っても大した代償ではないのかも…。

 


他にも、モンスターでは初のピーピング効果を持つ《トロール・ロボ》(機械王デッキに入れていました;;)や、約18年間唯一無二の昆虫族・融合モンスターとしての地位を護り続ける《クワガー・ヘラクレス》、独特な効果を持つ《あまのじゃくの呪い》など、不思議な魅力を持つカードが多く収録されています。あなたのお気に入りのカードは入っていましたか?

ではでは。